• ホーム
  • >
  • インバウンドコーチ講座

訪日外国人(インバウンド)旅客対策に新講座リリース
「インバウンドコーチ®講座」

外国人観光客をより増やしたいとお考えのオーナー・店長様は数多くいらっしゃると思います。
でも、こんなお悩みはございませんか?

「言語が分からなくて、対応できない」
「外国人に対しての苦手意識がある」
「外国人のマナーが悪い」
「外国人にどう対応したらいいのか分からない」
「そもそもインバウンド対策って何からやればいいの?」

そのお悩みを解決できる、新しい講座をリリースいたしました!

インバウンドコーチ®講座

『インバウンドコーチ®講座』

受講時間:英語講座  3時間
     中国語講座 3時間

受講料:5,400円(税込)
別途認定料:1,620円(税込)
     ※紙の認定証と認定ステッカーをセットでお届けします

こちらの講座は、飲食店、物販店、ホテル、交通機関、病院等、様々な場面で役立ちます。

①お迎えする心構え(接遇)
②基礎の接客英会話フレーズ
③異文化理解(地域)

これらの3つのステップで苦手意識を払拭し、海外のお客様に臆せず、気持ちよく接客できる人材を養成します。

日本は観光立国として、2020年には2000万人、2030年には3000万人を目指しています。
インバウンドコーチ®講座は、今までとは違うアプローチの講座です。
是非、皆様の「店舗」「施設」の客数向上、外国人旅客対策としてご活用下さい。

※別途、英語・中国語・韓国語などオリジナルでの講座、またツール作成等
(ex. 指さしツール作成/5万円、実践研修(講師派遣)/20時間)もカスタマイズ可能です。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

インバウンドコーチ®講座についてのお問い合わせはこちら

チャンスを生かす「おもてなし」メソッドを考える

オーナーの声:「言語ペラペラにしないで良い。嫌がらずに接客してほしい」
店員の声  :「外国人は何言ってるかわからない。マナーが悪いから、苦手なんだよな」

必要なのは、世界中のお客様へ気持ちよく応対できるようになること

キーワード:伝える・伝わるコミュニケーション

年間平均1,500社のOJT研修を実施しているからこそわかります!

インバウンド対策(英)に必要なのは?→心を伝えること「接客の7割をカバーする質問」

インバウンドコーチ®講座(英語)

  • 接客8大用語(英)子音とイントネーション
  • 使える!おもてなし用語&5つの質問(接客8大用語/5フレーズ)
  • 異文化理解と接遇

インバウンド対策(中)に必要なのは?→→抵抗感をなくすこと。中華系への理解を深めること

インバウンドコーチ®講座(中国語)

*中国語の指さし接客シートを用いて、意思疎通を図ります。
*在日中国人(上海)マナー講師が講座監修を行います。

インバウンドコーチ®認定プロジェクト

認定取得 の3つのメリット

「インバウンドプロパティ(施設)」の認定を取得いただくと、外国人への認知度向上や、売り上げのアップ。また、インバウンド対策の評価基準をクリアした施設としての社会価値(ブランド力)獲得につながります。

言語と接遇指導の プロフェッショナル が集結した講座内容

(左)接客英会話インストラクター養成講座 講師/(株)オフィスグレース荒井弥栄
(中)一般社団法人 日本マナーOJTインストラクター協会代表理事 笹西真理
(右)(社)日本マナーOJTインストラクター協会講師/漢和学院代表 石丸洋

弊社・弊協会 だからこそ 出来ること

他社との違い

ビジネスマナーインストラクター/研修会社/英会話スクール

「異文化理解+基礎の言語力+外国人の好むおもてなし」を同時に学ぶことができる

他社との違い

インバウンドコーチ®講座についてのお問い合わせはこちら