• ホーム
  • >
  • 先輩講師の声・よくある質問

先輩講師の声とよくある質問をご紹介します

日本マナーOJTインストラクター協会(JAMOI)で資格を取得し、実際に活躍している先輩講師の声と、当協会が主催するマナーOJTインストラクター養成講座・キッズマナーインストラクター養成講座・接客英会話インストラクター養成講座に関するよくある質問をご紹介します。こちらにない質問は、直接お問い合わせください

先輩講師の声

宇野山 康代(うのやま やすよ)

バスガイドとして11年間乗務。お客様とふれあう感動の旅をお手伝いする中で、接客サービスの醍醐味を存分に味わいました。その後、音楽事務所のスクール業務やマネジメント、コンサートの企画・制作・運営に携わるほか、各種イベント司会としても活動。経験を活かし、自身を磨き続ける仕事として、シニアマナーOJTインストラクター資格を取得しました。

現在は接遇マナーOJT研修、マニュアル構築研修等を担当。楽しく実践的に学び、すぐ役立つ『ソーシャルマナー講座』も好評です。「心こそ大切なれ」をモットーに、お客様との絆を深める心のこもったおもてなし、人間力豊かな輝く人財の育成をサポートいたします。受講のご相談など、お気軽にどうぞ。

金城 文(かねしろ あや)

旅行会社、客室乗務員、飲食・小売販売店など、さまざまな接客サービスの現場経験を活かして「マナーの大切さ』「よりよい人間関係作り」についてお伝えしています。ともすれば「堅苦しい」「難しそう」「マナーの先生って怖そう……」と思われがちですが、それを「楽しく・わかりやすく・すぐに実践できて役に立つ」工夫をたくさん取り入れ、レッスンを進めてまいります。

特に、「ソーシャルマナー認定講座」では、コミュニケーション能力の向上と自己営業ができるような自分づくりを実践。社会で活躍し、人生をより楽しく輝かせる人づくりのお手伝いをさせていただきます(4名様以上の確約で、出張講座も承ります)。

坂元 紀子(さかもと のりこ)

企業での人事担当として人材採用・教育に携わり、人と触れ合うこととコミュニケーションを取ることの楽しさ・大切さを実感。そこでの経験を経て、講師業の世界に入りました。同時にアナウンス学校に通い、現在はアナウンサーとしても活動させていただいております。

OJT研修の魅力は「現場で直接触れ合えること」。みなさんの成長や進化の様子を肌で感じることができ、私自身も成長させていただいています。また、ソーシャルマナー認定講座では、社会で活躍する人・さらに魅力的になりたい人・これから活躍したい人には目からウロコの内容が盛りだくさんです!一緒に楽しく学びましょう!

代田 眞知子(しろた まちこ)

国際線シニアスーパーバイザーとして乗務時間22800時間を達成するなど、"ママさんスチュワーデス"のパイオニアとしてキャリアを重ねてきました。2010年の退職後は、青山セラピストスクールの副学長として管理・営業・広告・就職支援を担当。企業マナー研修、ソーシャルマナー講座講師、職業訓練校での非常勤講師も務めています。

ビジネスには、分野を問わず、ソーシャルマナー力が欠かせません。ソーシャルマナー講座で、新しい自分の力を発見してみませんか?強みを生かしたマナー講座に、お気軽にご参加ください。

出口 郁子(でぐち いくこ)

日本航空でCA(客室乗務員)として34年勤務。客室乗員訓練部の教官、CA管理職、訓練の企画・教育を担当するアドバイザーをしていた経験を活かし、退職後はシニアマナーOJTインストラクターの資格を取得しました。

現在は株式会社Truthでマネージャーを務めております。また、Office Malusの代表として研修を行うとともに、女性の魅力アップを応援するマナースクールを主催しています。ソーシャルマナー認定講座は毎月開講。社会でより輝くため、また夢を実現するため、自分に自信を持つためのサポートをさせていただきます。

東 節子(ひがし せつこ)

JALの乗務員として30年勤務し、多数のお客様と出会う中で「生きた接客」「生きた接遇」を体得してきました。退職後はその経験を活かし、マナーインストラクターとしてコミュニケーションやソーシャルマナーの普及に努めています。

大学時代に専攻した心理学を再度勉強。子どもを対象とした英才教育から、高校・大学での心のケアも含めた学生指導(非常勤講師)まで対応。また筆ペンや、毛筆講座も開講しており、授業・講義を通して"大切な心"を幅広くお伝えします。

松岡 夕香(まつおか ゆうか)

航空会社で客室乗務員として14年勤務し、お客様と接することで得られる喜び・楽しさ・学び、そこから生まれる感動をたくさん経験して参りました。退職後はその経験を活かして福岡にマナースクールを設立。物が豊かな時代にこそ、大切なのは相手を思いやる「心」を持ったおもてなしだと強く感じています。

ソーシャルマナー講座は、コミュニケーション力の向上を目指す方や、受講者様ご自身の魅力や強みを発見して新たなステージで活躍していこう!と思う方にぴったりの講座です。 普段の暮らしの中に取り入れてこそのマナー。ぜひこの機会に学んでみてはいかがですか?みなさまのご参加をお待ちしております。

東田 圭世(ひがしだ かよ)

東田 圭世(ひがしだ かよ)

JAMOI会員No.1 株式会社K.ワールド 代表取締役
10年間ウエイトコントロール、アンチエイジングの講師をしておりました。その際、受講者のモチベーションを上げるために第一印象の重要性や立ち居振舞いを伝えたところ、それまでにない結果を目の当たりにいたしました。意識が変われば人生をも変えると考え、マナーを学び直し、マナースクールグレースの講師として活動後、シニアマナーOJTインストラクターの資格を取得しました。

現在、グレース講師をはじめ、接遇マナー研修・接客マナー研修を行い、OJT支援をしながら、よみうり文化センターやリビングカルチャー倶楽部等でソーシャルマナーを開講し、より一層社会で輝く人財として活躍できるよう、受講者の未来を応援しております。あなたも新しい一歩を踏み出しませんか?ご一緒に楽しみながら学びましょう。

よくある質問

一般社団法人JAMOIはどういう意味ですか?
JAMOIは、日本マナーOJTインストラクター協会(Japan Association of Manner OJT Instructors)の頭文字を取った言葉です。OJT(On the Job Training)という言葉に一番の強みがあり、マナーOJTインストラクター(MOI)は単なる「マナー講師」ではなく、現場指導(OJT)にも強みを発揮し、長期にわたって継続支援からコンサルティングまで行っています。なお「マナーOJTインストラクター(通称MOI)」の名称は、JAMOIの登録商標になっています。
一般のマナー講師とは何が違いますか?
一般のマナー研修では、新入社員研修、接客・接遇研修等の知識を得るためのものが多く、どうしても実践の現場と環境が異なるために、「定着しない」「効果や成果が見えづらい」ということが起こります。そこで私たちは、顧客満足や業績向上を実現するためには現場での個別指導・実践指導ができ、最後までフォローができるシステムが必要と考えました。OJT(現場指導)に重点をおいたインストラクター、それがマナーOJTインストラクターです。
マナーOJTインストラクターのOJTでは具体的にどんなことをするのでしょうか?
集合教育はもとより、現場でのさまざまな指導(OJT)を行ないます。ロールプレイング・現場モニタリングをはじめとした実践指導、各種チェックシートを利用した通期サポートを実施。また、現場責任者、店長、院長などのキーマンヒアリング、スタッフ個々の面談も行います。「講師」としてだけではなく、ともに歩む「サポーター」「コーチ」の役割も担うので、現場からは頼りにされ、大変やりがいのある仕事です。
MOI資格認定について教えてください。
30時間の養成講座を受講後、筆記試験(100問)と実技試験(45分)を実施し、協会の定めるレベルをクリアした場合に認定します。講座カリキュラムでは「合格」するためのノウハウをしっかりと入れ、受講された方が資格認定されるようしっかりサポートさせていただいています。ぜひ、安心してご受講ください。不安な場合には、アフターフォローも実施しております。
認定は永久でしょうか?
協会の会則に準じます。上位資格であるシニアマナーOJTインストラクター資格を維持するためには、一定以上の講師として講座を開講・企業研修を実施などの活動をお願いしております。
認定講師として名刺を作ってもいいのでしょうか?
はい、作成していただいて問題ありません。また、希望者には有償にて協会で作製することも可能です。JAMOI認定講師としての名刺を使用されたい方、認定校を開校したいといった場合にはお気軽にご相談ください。
先輩講師陣について教えてください。
当協会理事長の奥田をはじめ、協会専属でOJTインストラクター経験のある講師が担当します。協会理事監修の資料を使い、元CAや元店舗販売スタッフ、元企業教育担当者などの経験豊富な講師が指導いたします。こちらの先輩講師の声もご参照ください。
受講料はいくらですか?
マナーOJTインストラクター養成講座(30時間)は、受講料180,000円(税別)になっています(別途認定料として10,000円、年会費12,000円が必要。どちらも税別)。
他社でマナー講師としての認定資格を取得しました。MOI認定資格だけを受けることはできますか?
他社資格での認定試験については、将来的な検討課題とさせていただきます。今回の認定資格は、新たなスタイルの講師像を描いています。特に、OJTインストラクションのノウハウや経営者・店舗責任者へのコンサルティングに関するノウハウも含まれています。動線管理や経営用語、さらには消費者心理なども学んでいただくためマナーだけにとどまりません。そのため、当協会が主催する講師養成講座受講が必要になります。
受験資格には、どのような制限がありますか?
「接客経験3年以上」が受験資格として必要です。男性・女性は問いません。女性は接客経験のない場合、マナースクール・グレースのインストラクター(認定)資格を充当することが可能です。年齢に関して制限はありませんが、推奨年齢は26歳から59歳くらいまでです(現在のMOI平均年齢48歳)。理由としては、OJTインストラクターは現場にて実践指導を行い、体力を必要とする部分があるからです。ただし、60代以上でもバリバリ活躍されている先輩講師もおられますので、あくまでも推奨年齢とお考えください。
資格を持つと、どれぐらいの収入が見込めますか?
空いた時間に講座を開く講師から企業から引っ張りだこの人気講師まで、大変差が大きいため一概には言えません。ただし、収入を増やすことはご自身の努力次第で可能です。そのためのノウハウもカリキュラムに入っています。ソーシャルマナー講座の開講、企業研修講師、地域ボランティアなど収入を得ることも含め、活躍の幅は広がっています。
受講料は一括支払いしかないのでしょうか?
現金一括でのお支払いを基本的にお願しております。分割をご希望の方は3回まで承っています。ご相談ください。また、クレジットカードもご利用いただけます。

ますます活躍が期待されるマナーOJTインストラクターの資格を取りませんか?マナーOJTインストラクター養成講座についてはこちら

もう少し具体的に内容を知りたい、実際にどんなことをやるのか教えてほしいという声にお応えして、無料説明会を開催しています。

講座についてのお問い合わせ、無料説明会へのお申し込みはこちら